こうして転生してまで忘れられないほどの

重い記憶の前にあっては

すでにある意味では、忘れるためには

自分から進んで償いをしなければ

この過去はいつまでも僕の中で

僕に復讐を繰り返すかもしれない・・・

ぼくの地球を守って



前の名言へ <ぼくの地球を守っての名言> 次の名言へ

ぼくの地球を守って 全21巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
ぼくの地球を守って 全21巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

ぼくの地球を守って作者 : 日渡早紀。 坂口亜梨子は同級生の小椋迅八と錦織一成から、2人が同じ夢を共有しているという話を聞く。 夢の中では彼らは異星人であり、それぞれ玉蘭、槐という名前で、ほかに5人の仲間とともに、「Z-KK101」と呼ばれている月の基地で(紫苑によれば「KK」とは辺境、田舎の意)地球を見守って暮らしているという。 その後亜梨子は、マンションの隣の部屋に住む少年、小林輪を誤ってベランダから転落させてしまう。 輪は奇跡的に軽傷で済んだが、それをきっかけに紫苑(シオン)として「覚醒」する。 そして輪は密かに怪しい活動を開始する…。