のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)
のだめカンタービレ全25巻
完結セット

このエントリーをはてなブックマークに追加



作曲者の意志は絶対だ!

のだめカンタービレ_千秋




前の名言・名セリフへ <のだめカンタービレの名言> 次の名言・名セリフへ

【毎日更新】のだめカンタービレ特集 amazon売れ筋ランキング!

のだめカンタービレ 作者 : 二ノ宮知子
ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、重度の飛行機恐怖症に加えて海で溺れたトラウマのため船にも乗れないことから、生まれ育ったヨーロッパに行くことが出来ず、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。
ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女は野田恵で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。そしてのだめもまた、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼に纏わり付くようになる。