このエントリーをはてなブックマークに追加



「プレッシャーはその人の持っている

器に対してかかるものだ

器が大きければプレッシャーを感じることがないはずだ」

と言い聞かせている

羽生善治




羽生善治の名言> 次の名言へ

「プレッシャーはその人の持っている・・・
才能とは、努力を継続できる力・・・
直観には邪念の入りようがない・・・
すでに過ぎ去ったことは仕方がな・・・
同じ方法で悪くなる・・・
勝負の世界では「これでよし」と・・・
両方ダメだという結論のなかで・・・
集中力がある子に育てようとする・・・
幸運の女神は勇者に微笑む・・・
勝つのは一点差でいい・・・
大一番の大局では、誰しも手堅く・・・
勝負を決定するのは“ただの一手”・・・
全然ダメでお話しにならないって・・・
意表を突かれることに驚いては・・・
相手の棋風や出方を考えてしまう・・・
定跡を学ぶことと・・・
仕事に行き詰った時は整理整頓・・・
相手の意図を考えることから駆け・・・
不利になっても本筋を・・・
勝敗を決するのは高いテンション・・・
好きなことなら時間が経つのも忘・・・
頭のなかの将棋盤をひっくり返し・・・
山ほどある情報から自分に必要な・・・
対局相手は 自分の個性を引き・・・
冷静でいられるか客観的・・・
積極的にリスクを負うことは・・・
人が何かに魅せられている姿に・・・
“真似”から“理解”へのステップは・・・
相手のよい部分をなるべく見るよう・・・
何時間も考え続けることができる力・・・
マイナス要素の勉強法を採っていた・・・
発見と創造それこそが私が・・・
人間には思考を省略して考えること・・・
私は才能は一瞬のひらめきだと思・・・
一番いいと思えるものを簡単に単純・・・
ビジネスや会社経営でも同じだろうが・・・
追い詰められた場所にこそ・・・
固定概念にしばられてしまうと・・・
誰でも最初は真似から始める・・・
勝ち負けにはもちろんこだわるんです・・・
興味が続くかぎり集中力は続く・・・
決まりきった局面で長考して・・・
“いかに戦うか”は大局観にかかわ・・・
誰でも最初は真似から始める・・・
理想としては、勝負を超越した心境・・・
ラッキーだとか、ツイていたという・・・
欠点を裏返すとそれがその人・・・
守ろう、守ろうとすると後ろ向き・・・
必ず最後には踏み込んで・・・
どんな場面でも今の自分を認める・・・
人間の埋もれている力を見いだせ・・・
未知の局面に出くわした時・・・
直感力や感性は総合的に磨かれる・・・
簡単な達成感でも積み重ねる・・・
知識は単に得ればいいというもの・・・
毎回石橋を叩いていたら・・・
時間制限があるからこそ・・・
負けた時には絶対に原因があり・・・
真剣にその道を究めようとか・・・
今努力しても 突然強くなるという・・・
いかに集中するかではなく・・・
考えている中身より 費やしている・・・
指導の基本は本人が気づくため・・・
自分の調子の波を極力小さくして・・・
仕事の醍醐味とは情熱を持続・・・
不安になりプレッシャーを感じる・・・