このエントリーをはてなブックマークに追加



人心の理といふものは古今同じだからな

ただその趣が違つて見えるだけだもの

勝海舟




前の名言へ <勝海舟の名言> 次の名言へ

【毎日更新】勝海舟特集 amazon売れ筋ランキング!

勝海舟は江戸時代末期の武士(幕臣)、明治初期の政治家。
10代の頃から島田虎之助に入門し剣術・禅を学び直心影流剣術の免許皆伝となる。16歳で家督を継ぎ弘化2年(1845年)から永井青崖に蘭学を学び、赤坂田町に私塾「氷解塾」を開く。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には、幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は、参議、海軍卿、その後伯爵、枢密顧問官となり政府の日清戦争に終始反対した。