このエントリーをはてなブックマークに追加



幸せはどこかでこの僕に見つけられるのを持っている

槇原敬之_幸せの鍵を胸に




前の名言へ <槇原敬之の名言> 次の名言へ

【毎日更新】槇原敬之特集 amazon売れ筋ランキング!

槇原敬之日本のシンガーソングライター・作詞家・作曲家・編曲家。
オリジナル曲に関しては、ほぼ全曲の作詞、作曲、編曲を槇原本人がこなす。楽曲制作については、「詞先(しせん)」と呼ばれる、詞を先に作る方法を多用する。作詞の題材は、主に日常の生活に起こる出来事や恋愛模様であり、現実感のある言葉を用いた表現が選ばれることが多い。初期の作品では、恋愛における男性の幼さ、弱さをアイロニックに表現するような歌詞に独自の特色が見られた。近年では、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」や「僕が一番欲しかったもの」など、生きることや人のアイデンティティについて深く掘り下げた作品を発表している。