このエントリーをはてなブックマークに追加



絶えず決意して生きていけば

たくましい人生を送ることができます

島田紳助




前の名言へ <島田紳助の名言> 次の名言へ

【毎日更新】島田紳助特集 amazon売れ筋ランキング!

島田紳助は元お笑いタレント、実業家、吉本興業所属。コンビ時代は紳助・竜介のボケ担当。
多くの芸能人からは「紳助さん」「紳助師匠」、同期の明石家さんまと和田アキ子や坂田利夫ら先輩芸能人からは呼捨てで呼ばれている。自身の笑いについても明石家さんまやダウンタウンを引き合いに出し、「さんまは何でもないトークでも爆笑させる力がある。ダウンタウンの笑いは何度見ても笑える二次使用としての力がある。自分の笑いはその時にしか通用しないから瞬発力が必要になる。」と評している。『サンデープロジェクト』や『紳助のサルでもわかるニュース』の出演を機に予習として政治や時事問題について独学で勉強する。音楽好きで古くから音楽活動を行っており、後述の通り音楽関係者とも幅広い交友関係がある。歌手活動の経験もあるが、自身の歌唱力には否定的な発言をしている。作詞家としてのペンネームは「カシアス島田」。2004年、勝谷誠彦の女性マネージャーを拳や物で殴る、髪をつかんで壁に打ちつける、顔に唾を吐きかけるなどの暴行を加え、全治一週間の頸椎ねんざを負わせた。2011年、暴力団関係者との親密交際を伺わせるメールの存在を理由に引退を宣言し、この日を以って芸能界を引退した。