このエントリーをはてなブックマークに追加



志、定まれば、気、盛んなり

吉田松陰




前の名言へ <吉田松陰の名言> 次の名言へ

【毎日更新】吉田松陰特集 amazon売れ筋ランキング!

吉田松陰は日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者、地域研究家、である。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として知られる。
嘉永6年(1853年)、マシュー・ペリーが浦賀に来航すると、師の佐久間象山と黒船を視察し、西洋の先進文明に心を打たれ、外国留学を決意。安政5年(1858年)、幕府が無勅許で日米修好通商条約を締結したことを知って激怒し、討幕を表明して老中首座である間部詮勝の暗殺を計画する。さらに、松陰は幕府が日本最大の障害になっていると批判し、倒幕をも持ちかけている。獄中にて遺書として門弟達に向けて『留魂録』を書き残した。